2014年7月27日日曜日

2014年7月27日(日)練習試合


今日は猛暑の中、立川 泉体育館のグラウンドで練習試合です。






1試合目 (泉体育館)
チーム名
立川XXXXX0101 00
2
天神クラブ1140 4x
10

先発は鬼沢。速球、変化球を投げず打たせて取るピッチング。 
3回までランナーを出しつつも、2回表の1点のみに留める。
天神は初回、先頭打者の穣心のセーフティバントから、太田のライト前ヒットなどで1点。
2回の裏は武内のセンター前ヒット、伊藤のヒットで、1、3塁。信ニさんのタイムリーで2点目。
3回の裏は太田のセンター前、栗原のライトフェンスオーバの2ラン。二見のレフト線への2塁打、武内のライトオーバ3塁打などの連続安打で計4点。   
4回からはピッチャーは伊藤に代わり6回までに1失点の好ピッチング。
5回の裏にも二見、武内のレフトへの連続安打から、伊藤のレフトフェンス直撃の2塁打などで計4点。


天神の攻撃


2試合目 (泉体育館)
チーム名
江ノ島0000 10
1
天神クラブ0000 10
1

先発は鬼沢、2試合目は本気を出して、速球、変化球を織り交ぜ3回までノーヒットに抑える。
一方、天神は毎回塁にランナーを出しながらも、あと一本が出ず大量の残塁を重ねる。
4回からピッチャーは伊藤に代わり、こちらも危なげなく4回を三者凡退に抑える。
しかし、5回の表、守備の乱れから1点を献上。
5回の裏、この日好調の栗原のヒットから、二見のセンターオーバの2塁打で1点を返す。
6回の最終回、サヨナラを狙う天神は、先頭打者 穣心のこの日2回目のセーフティバントなどで2アウトフルベース。
この場面で、この日バッティング絶不調の鬼沢(笑)
みんなにプレッシャー(やじ)をかけられながらセンター前を狙った打球はマウンドにあたって、見事ショートの取りやすい位置に。この日の鬼沢のバッティングは運がなさすぎた(笑


猛暑の中、好ゲームとなりました。
ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿