2015年11月3日火曜日

2015年11月1日(日)四市大会

5年振りに参加する四市大会。

以前は、小平市・東村山市・東久留米市・清瀬市の四市で戦っていたが、最近は清瀬市にソフトボールチームが存在しないとか・・・ということで、三市の強豪が集まる大会。
当時よりもメンバーが若返ったチームで再び優勝できるか・・
1回戦の相手は、東久留米市のせんげん。

東久留米No1ピッチャーの福田さんvs天神打線、2点とったほうが勝つと予想して臨んだが・・・
 
せんげん
1
2
0
3
天神クラブ
0
1
3
×
4
先発は”ナイキ(水野)”、球速は申し分なく立ち上がりは良かったが、野手のエラー(雑草グランドで補給難)でランナーが溜まり、その後、力んだか突然制球が定まらず四球連発で失点。
1回の攻撃、三者凡退。なかなか打てそうにない雰囲気・・・
2回も”ナイキ”が乱れて3点目を献上。ピッチャー”伊藤”に交代。
3-0から福田さんを攻略することは容易ではなく、ランナーを溜めて一発で逆転しかないなか、裏の攻撃、4番”クラッシャー”のセイフティバントは残念ながらアウトも、続く、”たけ”、”二見”の連続レフト前ヒットでランナー1,3塁から、キャッチャーが少しだけ後ろに逸らした一瞬のスキをついて、”たけ”がホームに突っ込み、なんとか1点を返す。素晴らしい巧判断。
3回は”伊藤”がゼロに抑える。裏の攻撃、なぜか9番で力を発揮する”ゆうた”からの願ってもない打順、”ゆうた”はあえなく三振。。。1アウトから、1番”太田”のバントヒット、2番”星”のヒットで、ランナー1,2塁、ここで3番”鬼ちゃん”が値千金の右中間を超える3ランホームランで、ようやく逆転。
最終回は、万全を期して、”鬼ちゃん”が抑えで登板。相手4番に長打を打たれるも、最後はしっかり抑えて勝利!

MVPは、逆転ホームランの”鬼ちゃん”。”たけ”のホームを突いたプレーも素晴らしかった。
 福田さんvsたけ
 
準決勝の相手は、初対戦で、東村山市No1と噂されるどんぐり。
試合開始に”じい”が間に合わないため、1番に”栗ちゃん”を入れた攻撃的な打線、センターに内外野で安定した守備力の太田を配置。(この打順、守備位置がズバリ当たるか!?)
チーム名
どんぐり
1
0
0
 
天神クラブ
4
0
8
×
12
先発は練習から調子が良かった”伊藤”。初回はエラーが絡んで1点を失うが最小失点で抑える。
センター”太田”の後方にあがった打球を背面キャッチ。この超ファインプレーに相手チーム、5万を超える超満員の観客から拍手喝采!!!
先制を許して、いや~な雰囲気になりそうであったが、裏の攻撃、1番の”栗ちゃん”がライトを大きく超えるホームランで同点に追いつく。その後は相手ピッチャーが乱れて押し出し死球、”星”の犠飛で、この回4点を入れて逆転。
今日の伊藤”はコントロール、スピードとも申し分なく、2回、3回をゼロで抑えて、突き放したい3回裏は、”鬼ちゃん”からの攻撃。
”鬼ちゃん”四球で出塁し、”クラッシャー”がヒットを打った後、”たけ”ヒットで1点追加、、”ゆうた”のセンターを大きく超えるダメ押しの3ランホームラン、その後四球、ヒットなどで計8点追加。
最終回、相手の上位打線に連打を浴びるも、打ち勝ち決勝進出!
 
MVPは、初回先頭打者ホームランの栗ちゃん、センターの守備で神業を披露した太田の二人!
 
 

 好投する伊藤


 ファインプレーのセンター太田(手前は☆)
バッター太田
決勝の相手は、強豪プラムスを撃破した東久留米市の下里パープル。2年前に対戦したときは2-0で伊藤が完封したが、相手ピッチャーも素晴らしかった。
オール東久留米なメンバー構成のチームvs先発”鬼ちゃん”+”じい”が試合に間に合った天神打線!
チーム名
下里パープル
0
0
0
2
2
天神クラブ
1
1
1
6
先発”鬼ちゃん”。マウンドの状態が悪く、投げづらそうで、思うところに投げられない出だしではあったが、少しづつ修正しながら、初回ゼロで抑える。
初回の攻撃、先頭”じい”が相手野手が警戒するなかでセイフティバントで出塁し、2盗、3盗で、あっという間に、ランナー3塁の場面で、2番”太田”の絶好の場面で、スクイズで1点先制。しかしながら後続続かず。
2回も”鬼ちゃん”がゼロで抑える。
裏の攻撃、”たけ”が四球で出塁し、”星”が送りバントから、”伊藤”のセイフティバントを相手野手が処理している間に、”たけ”が生還し、1点追加で2-0。
3回も”鬼ちゃん”がゼロに抑える。
裏の攻撃、四球で出たランナーを”栗ちゃん”のショート強襲ヒットで1点追加。さらに、”たけ”のショート強襲ヒットで、ランナー”栗ちゃん”がホームを狙いクロスプレーになるもアウトで追加点ならず。(このプレーも迫力があった!!)3-0。
4回、”鬼ちゃん”が相手打線につかまり2点を返されて3-2。
突き放したい裏の攻撃、1アウトから、代打”大野”が四球で出塁、続く”ゆうた”がレフト線の2塁打で2,3塁、じいのセイフティバントの間に”大野”が生還して4-2、その後も四球などで、この回3点追加したところで時間切れで試合終了、優勝!
 
MVPは2安打3盗塁の”じい”。
 
 
 おーた
試合前の整列
 3塁を狙うじい
 試合後のナイン①
 試合後のナイン②
試合後のナイン③
 

0 件のコメント:

コメントを投稿